遺品整理、実家の片づけの際、レンタカーを利用するには?どの車種を選択すべき?

こんにちは。片づけコーナンの四日市です。

家族や兄弟で実家の片づけをする際、皆さん市町村での処分を考えると思います。

不要物やゴミ等、処理場に運ぶ際にワンボックスカーなどがあれば良いのですが、

大きな車が無い、レンタカーを借りて運搬しようという方もいらっしゃると思います。

今回は遺品整理や実家の片づけの際、レンタカーを利用する時の注意点や、

どのような車種を借りたら良いかについてお伝えしていきたいと思います。

レンタカーを借りる際の注意点は

①保険料

ネット等でレンタカーを予約の際の金額提示の中に

事故をした場合の「保険料」が料金に入っていない場合があります。

結構金額が変わる場合もありますので注意してください。

②駐車料金

レンタカー屋さんまで自分の車に乗って行った場合に

駐車が出来ない場合があります。

その場合にはコインパーキング代がかかってしまいます。

同じレンタカー屋さんでも支店によって駐車が可能か

不可か違ってくる場合があります。予約の際に確認してください。

③マニュアル車を用意されることがある

普通車なら問題ないとおもいますが、

トラック専門のレンタカー屋さんの場合には「マニュアル車」が用意される場合があります。

「オートマチック専用」の運転免許をお持ちの場合や

マニュアル車の運転に慣れていない場合には事前に確認してください。

④カーナビがついていない場合がある

こちらもトラック専門のレンタカー屋さんの場合です。

道路に不慣れの場合はかなり困ったことになりますので、事前に確認してください。

⑤返却時間を考え、余裕をもった作業計画を

レンタカーを借りて作業する場合、

燃料を満タンにしてから返却する必要があります。

(満タンにしなくても大丈夫な場合もあります)

時間を逆算して作業を計画しないと返却の際、

間に合わずバタバタしてしまうことがあります。

渋滞などに巻き込まれることもありますので、

時間に余裕をもって作業計画を立てましょう。

返却が遅れると延長料金や違約金が発生することもあります。

トラックの運転に慣れていなければハイエース、キャラバン

レンタカーって慣れない車なので、結構気をつかいますよね。

トラックはたくさんの物を載せられます。

平ボディーのトラックやダンプカーなどはレンタル費用も割と安いのですが、

使用する際には注意が必要です。

普段、トラックの運転をしていない方でしたら、

運転のしやすさから、ハイエースやキャラバンをおすすめします。

バネットバンというワンボックスも良いと思います。

ハイエース

ハイエース

キャラバン

アルミバンは慣れが必要

アルミバンは高さがあります。

もちろん、すぐに慣れるのですが、

街灯、カーブミラー、看板など

普段あまり意識しないところを意識する必要があります。

細かい木の枝などが走っている際に当たってバチバチッと音がします。

地面が斜めになっていたりすると壁などに当ててしまったり、

駐車場などでも車止めまでバックする際に木の枝に当ててしまうことがあります。

線路やトンネルなどの高さ制限にも注意が必要になります。

レンタカーにはバックモニターなどもついていますが、

慣れていない場合はバックする際、誰かに後方を見てもらう必要もあります。

意外と使い勝手が悪い?平トラック

平トラックやダンプカーは

そのままだとあまりたくさんは載せられません。

コンパネ板などを使って「アオリ」を高くして積めるようにする必要があります。

また、落下防止の為、ビニールシートやトラックロープ、

ラッシングベルトなども用意する必要があります。

これらを購入するとなると出費も大きいです。

トラックロープなどが無い場合は積載物も安定しませんし、

積載物を道路に落下させては重大事故の危険性があります。

また、雨天の場合は積載物を濡らしてしまうこともあります。

粗大ごみ等で、重量によって処分料を支払う場合、

濡れてしまうとその重量分、料金も高くなってしまいます。

平トラックで雨天時に布団やカーペットなどを持ち込む際は注意して下さい。

トラックでの搬入禁止の市町村もある

自治体によっては粗大ごみなどの持ち込みの際、

トラックでの搬入を禁止しているところもあります。

これは、事業系のごみの搬入を防ぐ目的です。

特に会社名の入ったトラックで搬入するような場合や、

社名の入った作業服を着ている場合などは

「どこから持ってきたか」などと

職員さんに聞かれるような場合があるかと思います。

トラックを使用しての搬入をお考えの場合は事前に自治体に確認をしてください。

実家の不要物を持ち込む場合に注意すべき点

実家の粗大ごみなどを処分場に持ち込む際に

車を運転する人の免許証の提示を求められます。

この時に運転する人の住所が他の市町村の場合、

処分を断られるような場合があります。

「〇〇市の実家の粗大ごみを○○市の処分場に持ち込みたいのですが・・・」と

運転者が別の市町村に住んでいる旨、必ず事前に確認して下さい。

実家の粗大ごみ等を運転する人が住む別の市町村の処分場に持ち込む行為は違法となります。

運転のしやすさ、「安全」を重視!

ハイエースやキャラバンならば、トラックロープなどで積み荷を縛ったりする必要がありません。

後ろからと横からも積み込み出来、ドアを閉めさえすれば落下の危険性もありません。

普通車より若干目線が高い程度で、それほど運転にも違和感が無いと思います。

意外とたくさん積めるし、同じ市町村への持ち込みならば

運搬にも時間はかからないのではないでしょうか。

土日や年末以外ならばそれほど待ち時間も無いので、

2度、3度と往復して持ち込めば良いと思います。

もちろん、一度にたくさん運ぶことが出来れば手間もかからないと思いますが、

慣れないレンタルトラックに傷をつけて弁償する羽目になったり、

積載物を落下させて重大事故を起こしてしまっては泣くに泣けません。

何よりも「安全」を重視して作業を行って下さい。

お問合せ前に片づけコーナンのサービスをチェック

 

【神奈川県内最安値を目指す!!片づけ・清掃・生前整理サービスについて

【力仕事もお任せください!!】お庭の片づけ、物置の解体・撤去

【神奈川県内 即日対応OK!!】遺品整理サービスについて

【座間市・海老名市・大和市・綾瀬市・厚木市お住まいの方必見!!】

片づけや遺品整理についてのよくある質問

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにお任せ下さい!

どうしようかな?とお迷いでしたら、先ずは下記よりご連絡ください。

お急ぎの方は、先ずは下記の画像をクリックして頂き、お電話でご連絡をお願いいたします。