こんにちは。片づけコーナンの四日市です。

やっぱりまだ暑い!

 

今回の片付けミッションは?

親御さんと同居する

親御さんが施設に入った

親御さんが亡くなった

親御さんのおうちが片づいていなくて、つまづいたりしたら大変

 

このような場合に親が住んでいた家を片づける必要があります。

単純に家の中にあるものを処分するだけなら良いのですが、

単なる整理整頓と違って

様々な苦労があるようです。

 

①親御さんの反対にあう

昨今では物を出来るだけ持たない、という価値観もありますが、

物資のない時代をくぐりぬけてきた親の世代は違う

「もったいない」という価値観があります。

 

また、高度成長にともなって「物をあつめる」とか

所有しているものと自分の価値があいまっている、

 

家族の思い出がある、などのことから、

 

いざ、家の中を片づけるとなると

猛烈な反対にあうことが多いようです。

親世代にとって、モノは豊かさの象徴なのです。

 

家の中を片づける子のほうも

必要にせまられて親の家を片づけるときには5~60代で

単純に家の中を片づける作業としても重労働なのに

親を説得するのにものすごい苦労をされるようです。

場合によっては、けんかになってしまったり、

泣かせてしまうこともあるようです。(こっちが泣きたいよ!となる)

でもやっぱり、繰り返し説得するしかない。

「過去のことよりもこれからの楽しいことを考えようよ」

とか。ちょっと言い回しも考えて…。

親の家の片づけは覚悟をせまられる人間ドラマなのです。

親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)

片づけのことなら 片づけコーナン

ご実家の片づけ、力になります!