すこし肌寒くなってきました。

また、ずいぶんと日が短くなりましたね。

片づけコーナンの四日市です。

本日の片づけミッションは?

モメたら大変!生前整理

親の家を片づける際、猛烈な反対にあうと言います。

親も体力が無くなり、気力も無くなり、様々なことが億劫になり、

家の中を片づけるのが難しくなってきます。

床の上に置いたものにつまづいて転んでけがでもしたら…。

ゴチャゴチャした部屋でストーブを炊いて家事になったら…。

片づいていない為、同じものをいくつも購入してしまう…。

親の家を訪問した子も心配になってきます。

世代間のギャップか。異なる価値観

「家の中のものを減らして、片づけやすい部屋にしようよ」と提案しても

親は物資の乏しい子供時代を過ごしてきた世代で、

物をそまつに扱うとバチがあたるとか、「もったいない」とか、

高度成長時代やバブルの時代を生き抜いてきて、

モノを多く持つのが幸せだ、という価値観の人も多いようです。

冷蔵庫と壁の間に買い物の時にもらった紙袋が大量に、とか、

食器棚の引き出しにスーパーのレジ袋が大量に、とか、

押し入れの中には、来客用のふとんが何組も。何十年前の洋服も。

とにかく「捨てられない」のです。

そこを無理やり「お母さんのためなんだから」と言って勝手に処分したりして、

場合によっては親子の間に亀裂が生じるケースもあるそうです。

とにかく物を捨てることに抵抗がある親と、

心配でたまらない子。

「お母さんの為じゃない!どうしてわからないの!」

どちらも正しいと思います。

親とモメずに生前整理をする為の3か条

親とモメずに生前整理をする為の3か条

 

①説得するのではなく納得してもらう

②小さな部分から始めてみる

③あまり急がない

 

①説得するのではなく、納得してもらう

  まずは、親の世代は捨てられないと言う事を子の方も理解しておくことです。

  また、無理強いするのではなく、納得して自ら片づけする気になってもらうこと。

  特に安全について、心配していることをわかってもらって下さい。

 

②小さな部分から始めてみる

  まず、一か所、例えば洗面所や脱衣所などを片づけてみてはいかがですか。

  使わなくなった洗剤や、お風呂用品など結構、雑然としているお家が多いです。

  特に洗面所の物でしたら、さほど、反対にあうようなものも少ないはずです。

  一か所がスッキリすれば、かなりやる気が出て、他のお部屋もやってみようか、

  と考えてくれるかもしれません。

 

③あまり急がない

  まずは納得してもらうこと。あせって仲たがいしては何にもなりません。

  もし仮に片づけを行うとしても、一か所一時間とか、細切れにして。

  あまり広範囲で行うと疲れた時でもやめられなくなります。

  作業が苦労にならないように楽しく行うようにしてください。

 

また、お子さんご自身が、自分のお家を実際に片づけてみる、と言うのも手かもしれません。

親御さんにきれいになったお家を見てもらってやる気になってもらうのです。

実際に行った人の意見は、ものすごく説得力がありますよね。

お部屋の見た目だけでなく、気持ちがこんな風に変わった、気持ちが前向きになった等、

特に精神面の変化について話すと良いのではないでしょうか。

「生前整理」というと、死ぬための準備、みたいなとらえ方になりがちですが、

もっと前向きに、残りの人生を思い切り楽しむ、という面でも本当にオススメです。

楽しく、仲よく行って下さい!!

 

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

もちろん生前整理も!おまかせ下さい!

 

片づけ・清掃・生前整理