空気も澄んで空が高いですね。

こんにちは。片づけコーナンの四日市です。

今回の片づけミッションは?

江戸時代という”モノ”の無い時代

「片づけ」なかなか手をつけられない、

すでに社会問題化していると思います。

もちろん、”モノ”が簡単に手に入る、欲しいと思ったらクリックすれば

翌日には自宅まで届けてくれるという”良い時代”でもあります。

もっと”モノ”が無い時代、例えば「江戸時代」なんかはどうだったのでしょうか。

江戸時代のリサイクル業者

江戸時代は「修理」「リサイクル」があたりまえの時代だったようです。

「衣類」を例にとると…。

もちろん「呉服屋」もあったけど相当なお金持ちでないと買えない為、

庶民の場合、手に入れるのは「古着屋さん」だったようです。

着物は徹底的に再利用されていて、つぎはぎして、仕立て替えして、

染め替えして、子供用に替える、端切れにしてつなぎ合わせる、

裂いて糸にする、おしめやぞうきんにして使う、

さらに燃やしても、「灰」の引き取り業者が、農業用肥料/洗剤/染料/アク抜き/傷薬として

買い取りにきたそうです。

小さな部品や、灰になるまで徹底的に使い尽くしていた、捨てることは無かったようです。

ろうそくの流れ買い業者 (溶けたろうを集めて買い取る)

瀬戸物焼き接ぎの職人 (割れた瀬戸物をつなぎあわせる)

紙くず買い

雪駄直し職人

下駄の歯入れ職人

汚物の買い取り業者(肥料として使用)

馬糞拾い

抜け毛の買い取り業者(”かつら”のようなものをつくる)

紙くず買い

すごくないですか。着るものから排泄物まで

捨てるものがほとんど無い。

徹底したエコ社会ですね。

もちろん、「エコ」なんて概念は江戸の町民には無かったと思いますが…。

江戸の町はものすごくきれいだったそうです。

江戸に来た外国人は皆、町の清潔さに驚いたそうです。

「不自由」な時代

現在は家電が壊れた、何とか修理して使えないかと言う場合でも、

家電量販店に問い合わせても「買った方が安いですよ」と言われるといいます。

もしかしたら売りたいが為のセールストークなのかもしれませんけど、

”修理”自体、どこに持って行ったらいいのかわかりませんよね。

ある意味「不自由」な時代なのかもしれません。

ごみが捨てられない「ゴミ屋敷」というのもありますよね。

清潔な江戸の町に暮らす町人、

対して平成の世にゴミに埋もれてゴキブリやネズミとともに暮らす人。

いじめや引きこもり、過酷な労働を強いられる人々。

どちらが幸せなのでしょうか。

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

大切なものの捜索などもおまかせ下さい。

遺品整理 詳しい内容じゃコチラ