朝晩ほんとうに寒くなりました。

片づけコーナンの四日市です。

今回の片づけミッションは?

命を片づける

医師から余命宣告されたら…。

皆さん自分の身に照らして考えたことがあると思います。

僕の死に方 エンディングダイアリー500日 (小学館文庫) 文庫 – 2014/2/6金子 哲雄  (著)

末期の「肺カルチノイド」という「がん」の一種の病気で、

医師から、今すぐ亡くなってもおかしくない、とまで言われた金子さん。

病を隠しての仕事、闘病生活、「死の準備」として公正証書遺言、

生前に自身で戒名を決め、寺、墓、葬儀のプロデュース、霊柩車をリンカーンに決め、

死後のパーティのメニュー決め、告別式の会葬礼状、

すべて生前に自身でやってしまう。

生前良く、テレビで見ていましたが

この本を読むまで、この方はチャラいキャラでしたので、自分の「死」すら楽しんで様々、

段取りしたのかなと思っていたのですが、まったくそんなことは無く、

めそめそ泣き続けた、と言う記述もあり正直人間らしくてほっとしました。

「流通ジャーナリスト」として、スーパーや小売店、

飲食店などを自ら取材することをモットーとしていた金子さん。

死にゆく自身をも客観的にとらえ、本書を執筆。

日々、あたりまえのように生きているけど、決してあたりまえじゃない。

「死」について良く考えることで、より「生きること」が出来ると思いました。

「終活」という言葉も良く聞くようになってきました。

決してご高齢の方の為だけで無く、

より良く「生きる」ために、お若い方にもある程度必要なことだと思います。

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

大切なものの捜索などもおまかせ下さい。

遺品整理 詳しい内容じゃコチラ