またはっきりしない天気です。

片づけコーナンの四日市です。

今回の片づけミッションは?

ときめくモノだったのに…。

こんまりさんの本とか見てると

「ときめくかときめかないか」(呪文みたいになってしまいました)

で捨てるか捨てないか判断する、と書いてありますが、

まさにその「ダッフルコート」はときめくモノでした。

つくりが「重厚」で「質実剛健」みたいな感じで

細身でデザインもかっこよく、お気に入りだったのですが、

だんだん着なくなってしまったのですよね。

重たくて肩がこるというか、

着るのも脱ぐのもめんどうなところ。

雑誌の売り文句

「一生もの」みたいのとか

「重厚」、「質実剛健」、「機能美」みたいなのが大好きだった。

雑誌に書いてあるような売り文句に流されてた気もします。

片づけをすると、着なくなった服の傾向もよくわかりますよね。

服なんかは

「好きな服」

「着る服」

も違うということがわかってきます。

年齢によっても変わってきますよね。

若いころはピチピチのタイトな服が良かったけど、

歳を経ると着れないことも無いけど、リラックスできる服のがいいとか。

もちろん体形だって変わってくる。腹だって出て来ます(笑)

片づけを通して、自分の傾向、年齢的、体型的な傾向、嗜好、

振り返ってみてわかることもあります。

ランニングを始めようとか、ウェアや靴をそろえても3日坊主でやらなくなってしまったり。

若いころはそういうダメな自分に直面するたび、

恥ずかしい気持ちというか、落ち込んだりしていました。

歳かね。だんだん自分のことがわかってきて、

残り少ない人生、あまり落ち込んでられないぞ、とも思うようになり、

自分への対処が出来るようになってきました。

細かな事へのこだわりも少なくなってきた気もします。

結局、捨てるのも惜しくて、

そのダッフルコートはリサイクルショップに持っていきました。

そろそろ年末。

自分を振り返る意味でも、クローゼットの片づけしてみませんか。

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

大切なものの捜索などもおまかせ下さい。

遺品整理 詳しい内容じゃコチラ