こんにちは。片づけコーナンの四日市です。

今回の片づけミッションは?もう迷わない!片付けがサクサク進む方法

なかなか部屋が片付けられない。

いざ、片付けようとしても「要るもの」「要らないもの」で迷ってしまう、

迷うのが嫌だから片付けが進まない、そもそも考えるのが面倒くさい…。

そんな方もいらっしゃると思います。

私も部屋の中がゴチャゴチャしていました。

服なんかでも

「これ着心地が悪くてあまり着てないな、でも高かったんだよな」

こんな感じの服がクローゼットの大部分を占めているとか。

 

部屋のものを片付ける、処分するのって意外と気持ちに負担がかかりますよね。

出来たとしても、ものすごく疲れそう。

なんだか一つ一つのものを捨てるのか、どうするのか、

考えるのを先延ばししたくなる。

「まだいいか」

そう思う方も多いと思います。

部屋が片付くとどうなるのか?良い考え方のサイクル

これからお伝えする内容は、

「出来るだけ気持ちの負担がかからない片付け方法」です。

「今はそれほど要らないけど、いつか必要になることがあるかも」

なんとなく捨てるのに迷う…そんなものってありますよね。

部屋が片付くと掃除がしやすくなります。

掃除機がかけやすくなるし、ハンディモップやぞうきんもかけやすい。

出来るだけ床にモノを置かない

ただ、もっと良い点は

ゴミやほこりが目立つので掃除をしよう!という気持ちになることです。

もちろん清潔な部屋で気持ちがいいということもあります。

さらにもっと良い点は

日々、掃除機をかける、ぞうきんをかけるということが、

気持ちの面でも「きちんとやれてる自分、偉い!」

となって、生活が充実してキラキラしてきます。これ、間違いないです。

そうすると

「もっと部屋を片付けてシンプルな、キレイな生活をしよう!」

と、良い考え方のサイクルが出来てきます。

 3つに分ける?「先延ばし片付け法」

それではどのようにしたら、部屋のものを片付けるときに

気持ちに負担がかからずサクサク進められるか、と言うと、

「一度に捨てる、捨てないを決めない」

ということです。

名付けて「先延ばし片付け法」です。

片付けを進める際に、

 

①捨てる(処分)するもの

②残す(これからも使う)もの

③捨てるか残すか迷うもの

 

の3つに分けるのです。

捨てるものはとっととゴミ集積所に出したり、

リサイクルショップやフリマアプリで処分しましょう。

リサイクルショップの査定はきっと「思いのほか安い」です。

でもいいじゃないですか。帰りに美味いものでも食べて帰りましょう。

今回は

 

③捨てるか残すか迷うもの

 

をどうするか、です。

押し入れなどの目につかないところに「とりあえず押し込んじゃえ!」 です。

ただし、押し込む前に、例えば半年後、一年後の日付のラベルを貼っておくのです。

半年後、一年後になったら捨てるなり、リサイクルするなりで処分すれば良いわけです。

このラベルを貼るという行為をきちんとしておかないと、

ずっと2年、3年と押し入れの中にあるままになってしまいます。

「先延ばし」の期限を明確に決めることが重要になってきます。

アイデア、パクらせていただきました!

実はこの方法はお客様から教わったのです。

「ごみが1メートルほど溜まっているので片付けて欲しい」

駆けつけてみると本当に1メートルではきかない程、ゴミが溜まっていました。

玄関からゴミの上によじ登るのが一苦労でしたから。

ゴミの片づけ作業はそのお客様に捨てるか、残すかを判断してもらいながら

進めていったのですが、3分の1位は「必要なもの」だから残すということに。

その「必要なもの」は「隣の部屋に入れて下さい」とのことでした。

隣の部屋を覗くと、すでに「必要なもの」がゴミ袋に入って…

2メートルほどの高さにうず高く積まれていました。

【参考写真】

…だから「あまり良い解決方法になってないじゃん」

という感じだったのですが(笑)

そのアイデア、パクらせていただきました!

「先延ばし」ですよね、これ。

だから絶対に期限のラベルは貼って、処分の期日を決めておいてください。

スマホのカレンダーに捨てる日にちを入れて。

             

「おいおい、うちの押し入れには半年も一年も置いておくスペースはないぞ!」

という方もいらっしゃると思います。

その場合は押し入れなり、収納なりから

「先延ばし片付け法」に着手してスペースを空ければ良いと思います。

 

大切なのは

①捨てる(処分)するもの

②残す(これからも使う)もの

③捨てるか残すか迷うもの

 

に分けることと

ラベルを貼って「先延ばし」の期限を明確に決めることです。

こんな感じです

いったんやってみると半年、一年経つ前に必要になって

押し入れから出すということはほとんどない、ということがわかると思います。

捨ててしまって困ったものといえば

「電動バリカンのアタッチメント」位ですね。

結局¥2500位で機種ごと新しいものを買いました。それで解決!

 

私の場合は「パンツ」を捨てるのに「ものすごい罪悪感」がありました。

毛玉が出来たり、ウエストのゴムが少し緩くなってきた程度で

「まだ履けるのに」と。

ただ、新しく買ったパンツに混じってゴムの緩いパンツを取ってしまう時に

一瞬ですが嫌な気持ちになる、ただそれだけだったのですが。

結局半年経って捨てることが出来ました。

Tシャツとかパンツなどは、はさみで切って

「ぞうきん」として使ってから捨てても良いと思います。

結局、捨てて困るものはほとんどない

ほとんどのものは

「必要になったらまた買えばいっか」

「最悪100均で新しいの買えばいいや」

服なんかも

「もっとイマドキなものを買っちゃえばいいか」

この位、気軽に考えて良いと思います。

そのように考えられるようになったら

モノに対する「こだわり」が少なくなってきた気がします。

購入する際にも簡単に買わなくなってきたような気もします。

 

捨てるか残すか迷うものは期限を決め、ラベルを貼って押し入れに突っ込む。

処分は先延ばしにする。

かなり簡単ですよね。ぜひやってみて下さい。

 

押し入れや収納を片付けて、

一時期置いておくスペースを作りたい、という方がいらっしゃいましたら、

片づけコーナンにご連絡下さい。シンプルでキレイな生活の為のお手伝いをいたします。

お問合せ前に片づけコーナンのサービスが気になる方は

【神奈川県内最安値を目指す!!片づけ・清掃・生前整理サービスについて

【神奈川県内 即日対応OK!!】遺品整理サービスについて

片づけや遺品整理についてのよくある質問

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにお任せ下さい!

どうしようかな?とお迷いでしたら、先ずは下記よりご連絡ください。