こんにちは、片づけコーナンの鈴木です。

とうとう残すところ、あと1か月を切りましたね。

師走ですので、事故などには気を付けて行きましょう。

今回の片付け雑学は??

前回、以外な物が価値があるというブログが結構読まれてたので、

また載せてみました。ですが今回は違った側面から・・・

ズバリ、金(GOLD)です。

もちろん、貴金属・指輪などではなく、以外なものという話です。

 

今、2020年東京オリンピックのメダルをリサイクルでまかなうプロジェクトが

行われています。

みなさんご存じだと思いますが、不要になった電子機器から金を取り出すというものです。

これ、個人でも知識があれば出来る作業なのですが、やってみるとなると、

いろいろな器具や薬品、作業工程、時間など手間にくらべ、金の抽出量がわずか・・

という結果になります。

(スマホ1台で約0.032gくらい)

 

で、本題に入りますが、お家の片付けで出やすいGOLDが何点かあります。

代表的なのが、万年筆です。

すべての万年筆がそうではありませんが、ペン先に使われている金属が

金を使用しています。ペン先をよく見るとわかりますが、

小さく刻印が押されています。14K~24Kという文字が入っていて、

高価な物ほど純度の高い金が使われています。

もちろん高価な万年筆でしたら、そのまま万年筆としての方が価値がありますが、

壊れている物や対して価値のない物でしたら、金で出来たペン先だけを抜いて

集めて見ましょう。大体、一つで約0.1gですので金の純度にもよりますが、

10本あれば4000円くらいにはなると思います。

ただし、ほとんどの万年筆がそこそこ高価な物が多いので、そのままオークションなどで

売買したほうがいいですけどね。

 

他にも入れ歯などに引っ付いている金や金歯なども、ニッパーなどで剥がせば

金としてお金になります。

 

今回は結構、知られた情報を載せてしまいましたが、次回は本当に以外で高価な物を

載せたいと思います。

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにお任せ下さい!

これからもお役立ち情報を続々お届けして行きます。ご期待下さい!

片づけ・清掃・生前整理

メールでのご相談はココをクリック