日に日に秋らしくなって来ました。

片づけコーナンの四日市です。

今回の片づけミッションは?

「夜逃げ」のお部屋の片づけ依頼

いわゆる「夜逃げ」のお部屋の片づけの見積もりに行ったことがあります。

不動産屋さんからキーを預かって現場に伺ったのですが、

まあ、フツーの家で、見積もりが終わって帰ろうとしたら、

玄関のドアポストにぎっしり、郵送物が。

本当にギチギチに詰め込まれているのですね。

ちょっと変わっている点は、

黄色オレンジ、非常にカラフルな封筒で、

良く見ると「督促状」のたぐい。

察するに、あまりにも「督促」されすぎて

ポストから取り出す気にもならなくなったのでしょう。

 

 

長い間会っていない親族の遺品整理時の注意点

通常、相続と言えば、亡くなった方の財産(貯金、有価証券、土地、住宅等)

を引き継ぐことですが、

例えば、長い間会っていない親族の遺品整理を依頼されて,

「お、ちょっといいものだな、形見としてもらっておくか」

と、持って帰ってしまったとします。

亡くなった方が借金をかかえていたとすると、

場合によっては形見をもらったことから、「相続人」と見なされ、

「負の遺産」の相続(借金の返済)をしなければならなくなることがあります。

この場合、まずは相続債権者から借金の支払督促が来ます。

支払をせずに放っておくと、相続債権者から裁判を起こされてしまったり、

裁判所が判決を出したら、相続債権者は、相続人の遺産に対して強制執行(=差押)をしてきます。

長い間会っていない、どのような生活をしていたかわからない、

親族の遺品整理を依頼されるような場合は注意が必要です。

弁護士に相談し、「負の遺産」の有無を確認する、

「相続放棄」の手続きをするなどの措置が必要になるケースもあります。

賃貸の住宅で家賃がかかるなどで、あわてて部屋を片づけたりすると、

善意がトラブルのもととなりかねません。

どうぞ注意して下さい。

郵便受けも要チェックです。

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

もちろん生前整理も!おまかせ下さい!

 

片づけ・清掃・生前整理