こんにちは。片づけコーナンの四日市です。

良い天気が続いていますが、空気が乾燥していますね。

先日、健康診断に行ってきたのですが、

血中コレステロール値の異常とのことで

3か月後に再検査となってしまいました。

食事制限しないと…。

今回の片づけミッションは?

見られたくないデータの隠し方

見られたくないデータって誰でもありますよね。

無いスか?私はあります。

例えばデータで無くても、サイトの閲覧履歴なんかでもそうだし、

恥ずかしいことだらけですよね。生きるってのは。

そして、誰でも突然死とか事故とかで亡くなる可能性は

お若い方でも「0%」では無いですよね。

故人の情報はやはり何かしら家族や親族に見られる可能性があります。

あまりにショッキングなものがあって、家族や親族に

ツラい思いをさせてしまわないためにはどのように対応したら良いのでしょうか。

”鉄壁包囲網”など無い

もちろん、データにたどりつくまでに、

本人以外知らないパスワードなどで厳重に鉄壁で包囲することもできます。

そのような方法はあるのですが、例えば何か家族や親族が知りたい情報があれば、

どんなに厳重な鉄壁包囲網も頑張って突破されてしまうでしょう。

ネットでもノウハウは飛び交っていますし。

家族や親族は無理でも、専門の業者さんがいればいくらでも突破されてしまいます。

重要なデータがあるのか無いのか、あるとすればどこにあるのか、

これらがはっきりしていなければ、なおさら、どんなに厳重な鉄壁があっても

隅から隅まで血眼になって捜索すると思われます。

意外とアナログ「見られたくないデータの隠し方」

方法はあります。

普段から「重要なデータはスマホに入れてあるからね。

僕に何かあったらスマホを見てよ」と家族や親族に言っておき、

見られたくないデータはノートパソコンの中に。

もちろん、重要なデータ

(ネット銀行の口座やパスワード等)

は本当にスマホに入れておく必要がありますが。

「目くらまし」の戦術とでも言おうか。

わかっていれば隅から隅までは探さないのです。

意外とアナログというか、

徳川の埋蔵金のありかなどに通ずるものがあります。

データの隠し方「注意すべき点」

もちろん、”重要なデータはスマホに入れてある”等は、

口頭で家族や親族に伝えておくのではなく、

「エンディングノート」に記載しておくのも手です。

ただ、「エンディングノート」の保管場所については

口頭で伝えておく必要があります。

この場合、やはり注意しておきたいのは、

「ノートパソコンの方には重要データは入っていない」

という記載について「匂わせる」ことが無いよう注意が必要となります。

あまりしつこく「無い」と書いてあると怪しまれるのではないでしょうか。

また、ノートパソコンは家族や親族が引き続き使用する可能性がありますので、

やはり厳重なパスワード管理や、クラウド上へのデータ保管等、

データの保管方法について考える必要があります。

 

片づけ、遺品整理は片づけコーナンにおまかせ下さい!

重要なものの捜索もお任せ下さい!